アレルギー治療

西式ではアレルギーは消化器、骨格、血液などによって発症すると考えられています。(アレルギーに限らずほとんどの病気がそうなのですが)

1. 少食、断食によって腸内環境を改善する。(腸の異常を直す、善玉菌を増やす)
2. 平床硬枕、金魚体操、合掌合蹠、背腹運動などにより骨格のゆがみを強制する。
3. 毛管運動、裸療法、温冷水浴、などにより血液循環、毛細血管の働きを改善する。


なお3には皮膚を鍛える効果があり、皮膚疾患の患者には、より効果的は発揮します。

アレルギーは薬によって押さえ込んでも、体内にアレルゲンが常駐することや薬の副作用により他の器官に被害を及ぼしたり、生命の危険にさらされることとなる可能性があります。アレルギーの根本治療が現代医学に存在しない以上は、これらの基本的な健康管理が必須です。

余談ですが乾癬の治療でエドガーケイシー療法を使って大きな成果をあげているアメリカのジョン・パガノ医師も違うアプローチですが同じような原因を指摘しています。このことから乾癬もアレルギー皮膚疾患の1種だと推測され西式も同様の効果が上がるものと思われます。

西会関連のウェブページや書籍にて基礎知識をつけられることをおすすめします。
西会関連ウェブページ  参考書籍

Back->