金魚運動


平床の上で枕をはずしあおむきの姿勢。足先を揃えてできるだけそらし、ひざのうしろを伸ばすようにする。両手はけい椎第三、第四の下で組み、あたかも金魚が泳ぐようなかっこうでからだを左右水平に震わせる。一回1−2分できれば4〜5分行なう。これにより脊柱の左右の狂いが直る。(以上の三つで脊椎骨の副脱臼はだいたい矯正され、脊髄神経、交感、副交感神経の機能が調整される)また腹部臓器特に腸を生理的な位置にもどし、腸閉塞、捻転、癒着などを防止する。腹痛のときは速効的な効果がある。他人に施す場合は、足首を持ってかかととからだをつけ、自分のからだごと振動する。